健康診断で異常といわれたら

健康診断は将来の健康につなげるためのもの

健康診断は将来の健康につなげるためのもの毎年、なんとなく健康診断を受けるというのは、とてももったいないことです。適切な健康診断を受けて、その結果を正しく理解することは将来の健康に大きく役立ちます。
ここでは、わかりにくい健康診断の結果について簡単にご紹介し、よく質問いただく内容について解説しています。他に知りたいことや、結果で気になることがありましたら、お気軽にいらしてください。

健康診断の結果について

健康診断は症状がない病気をいち早く発見し、軽いうちに適切な治療を行うことで命にかかわるような状態になることを防ぐという目的を持っています。健康診断では、「異常なし」、「要経過観察」、「要精密検査」、「要治療」などが指摘されますが、それぞれ必要な対応が異なります。

異常なし

正常範囲内だということを意味します。特に注意する必要はありません。

要経過観察・要再検査

正常範囲内ではない、いわば要注意の段階です。緊急の対応は必要ありませんが、この段階で生活習慣を見直して改善していくことで、重大な病気を避けられる状態です。再検査が数ヶ月~1年後には必要になりますし、なにもせずにいると急激に悪化する可能性もありますので、受診をおすすめしています。

要精密検査

正常範囲内でなく重大な疾患の可能性があるため、精密検査を受ける必要があるという段階です。一般的な健康診断では数値の異常まではわかりますが、疾患の特定には精密な検査を必要とするケースが多くあります。ただし、精密検査を受けて、異常なしという結果が出ることもありますので、深刻に捉える必要はありませんが、できるだけ早く受診しましょう。

要治療

正常範囲内ではなく、治療が必要な状態になっています。すぐに受診してください。

なんでも相談できるかかりつけ医を持ちましょう

どのような病気のリスクが高いかは、お一人おひとり違います。将来の病気リスクを抑え、健康と生活の質を守るためには、ライフスタイルなどに合わせて健康診断の結果をフォローしていくことが重要です。
そのためには、ご自分のお身体について、継続的に診てくれるかかりつけ医を持つことが有効です。通院しやすいかかりつけ医を見つけて、健康に役立ててください。

健康診断や人間ドックで気になる項目

健康診断や人間ドックで気になる項目健康診断の目的とは、症状がない健康な人を対象に、放置するといけない病気を見つけることですから、調子が悪い方が「健診で異常なしと言われたから大丈夫」と考えてしまうのは危険です。不調は身体がご自身に訴えている重大なサインです。調子が悪いと感じたら、必ず受診してください。

血圧

健康診断や病院で血圧を測ると高く出るけれど、自宅で測った時には正常範囲内におさまっているということがよくあります。
血圧は身体を動かしたり、緊張することなどによって影響を受けやすいため、こうしたことが起こります。自宅で安静時に何度も計測して正常範囲内の場合は、念のためその結果を持って受診することをおすすめします。

コレステロール

生活習慣病はすべて自覚症状に乏しいのですが、コレステロール値に関係する脂質異常症は症状がないまま進行して、いきなり脳出血や脳梗塞、心筋梗塞といった重大な発作が起こる可能性があるため、できるだけ早めに適切な治療が必要です。

尿酸

尿酸は食品や飲料に含まれるプリン体から作られる物質で、血中の濃度が上がると結晶化し、激痛を起こす痛風発作や腎不全につながります。
プリン体はビールに多く含まれることが知られているため、「ビールだけ控えれば大丈夫」と思っている方が多いのですが、どんなアルコール飲料でも尿酸値は上がりますし、プリン体が多く含まれている食品もたくさんあります。「これもダメ、あれもダメ」と制限すると偏った食生活になりやすく、食事の楽しみもなくなります。定期的に検査と治療を受け、適切にコントロールしてください。

血糖値

血糖値が高い状態が続く糖尿病は、血管に大きな負担をかけ、動脈硬化リスクを上げる他に、全身の毛細血管にも障害を与えます。動脈硬化による脳出血や脳梗塞、心筋梗塞だけでなく、失明や足の壊死、透析治療が必要な状態になるなど合併症に深刻なものが多いことも大きな特徴です。治療を受け、適切にコントロールすることで、こうした合併症を防ぐことができます。

メタボリックシンドローム

「メタボリックシンドローム」という言葉は「病気ではない」イメージがあるようですが、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をいくつか合併している状態であり、これは立派な病気です。
メタボリックシンドロームは、腹囲「男性85cm、女性90cm以上」、血圧「130/85mmHg以上」、中性脂肪「150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満」、血糖「110mg/dL以上」という中の2項目以上に異常が当てはまる場合に診断されます。生活習慣病はそれぞれの数値があまり高くなくても合併すると動脈硬化のリスクが上昇しますので、メタボリックシンドロームは特に注意が必要な状態だと言えます。

肝臓

お酒が好きな方は肝機能の数値が気になるものです。ただし、健康診断でわかる肝機能障害は、アルコールだけでなく、肥満によるものやウイルス性、薬剤性などの可能性があります。どういった原因で肝機能が悪くなっているのかは健康診断より精密な検査をしなければわかりません。肝機能の数値が悪かったからアルコールを控えめにと考えがちですが、他の原因によって起こっている場合、早急な治療が必要なケースも考えられます。

尿検査

血尿、糖やタンパク質の量などの数値は、その時の状態によってかなり数値がばらつきます。そのため、疾患が関わっていないかを調べるためには精密検査が必要になります。
尿検査で異常が見られた場合、可能性があるのは、尿路感染症、尿路結石、腎機能障害、腎炎、そして糖尿病や腫瘍などの疾患です。かなり幅広い疾患の可能性があるため、まずは内科専門医を受診することをおすすめします。

貧血

貧血は慢性的な出血によって起こっている場合が多く、胃潰瘍や胃がん、大腸がんといった深刻な病気がかかわっている可能性があります。その場合、できるだけ早く原因を突き止めて適切な治療を受けないと危険です。鉄分不足だと軽く考えず、貧血を指摘されたら必ず受診するようにしてください。

心電図

心臓の働きを調べる検査ですので心電図で異常があった場合、とても深刻にとらえてしまう方が多いのですが、精密検査の結果、当面経過観察だけで構わない場合もあります。もちろん、心筋梗塞、狭心症、心筋症、心肥大など、すぐに治療が必要になる可能性もありますので、まずは受診して正確な診断を受けてください。

がんと腫瘍マーカー

腫瘍マーカーは、がんの手術後の再発発見や抗がん剤治療効果の確認に使われているものです。現在はさまざまな腫瘍マーカーが存在しており、手軽にがんを早期発見できるのではと思われがちですが、早期発見に役立つ腫瘍マーカーはそれほど多くありません。
近い将来、血液の採取で幅広いがんを発見できるようになるとされていますが、それまでは内視鏡検査や超音波検査などをリスクに合わせて選択して定期的に受ける方が確実な早期発見につながります。
前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSAなど、早期発見に効果的な腫瘍マーカーも存在しますので、効果的なものを上手に組み込んだ健康診断や人間ドックを受けるようにしてください。

定期健診で異常があった方企業健診をお考えの担当者様
一番上に戻る
おおたけ消化器内科クリニックオフィシャルサイト 口コミを見る 口コミを書く